【2020プロ野球・試合速報】6月21日:広島カープ vs. 横浜DeNAベイスターズ(横浜)

こんにちは。真田一平です。
ブログを書いたり、不動産の広告を作ったり、タウン誌でカープ選手の記事を連載したり、広島県営SNS・日刊わしらのカープ担当として楽しく活動しているフリーランスです。
Follow @ippei49

6月21日(日)/広島 vs.DeNA

広|000 100 000|1
デ|000 000 002|2
■試合時間:2時間46分
■横浜スタジアム

責任投手・本塁打

勝: パットン(1勝)
負: スコット(1敗)

スターティングメンバー

1番:(左)ピレラ
2番:(二)菊池
3番:(中)西川
4番:(右)鈴木
5番:(三)メヒア
6番:(捕)會澤
7番:(一)堂林
8番:(捕)田中
9番:(投)森下

☆バッテリー
森下、菊池保、スコット ー 會澤

☆打撃成績・投手成績はこちら

試合経過(Twitterまとめ)

ドラ1ルーキー・森下が7回無失点の最高のピッチングを披露するもまさかのサヨナラ負け・・

期待のルーキー・森下選手の投球同様、順調に色々な原稿を書いていたのですが、まさかの展開に意気消沈。切り替えに少し時間を要しました(苦笑)。

チームとしては負けましたが、森下選手は素晴らしい内容でしたね。7回を投げて無失点。4被安打2四球8奪三振。球数は104。

イニングを重ねるごとに調子があがっていき、5回裏は梶谷選手・乙坂選手を連続三振、6回裏はクリーンナップをわずか9球で三者凡退に。

150km超の直球(38球)、140km台前半のカットボール(34球)でカウントをかせぎ、効果的にチェンジアップ(17球)・カーブ(15球)の緩いボールを織り交ぜる投球でDeNA打線を翻弄しました。それだけに、勝ち星をつけてあげたかったところです。

2020年のクローザーを任されるスコット選手はとにかくボールが高かった。打たれたボールはすべて真ん中から高め。低めにボールを集めて打たせてとるのが持ち味の投手だけに、次戦に向けてしっかり調整してほしいところです。今年もリリーフ投手が課題となるのでしょうか・・。

ダメージの残る敗戦になりましたが、開幕カードの勝ち越しには成功。まだまだこれからです!
火曜日からは3連勝の巨人が相手。DeNAに続き、2カード連続で勝ち越しといきたいですね。

☆日刊わしらでも連載中。コメント欄に集まったわしらユーザーさんの声もぜひご覧ください!

カープが大好きな中学生YouTuberの『3分解説』もどうぞ