【2020プロ野球・試合速報】6月26日:広島カープ vs. 中日ドラゴンズ(ナゴヤドーム)

こんにちは。真田一平です。
ブログを書いたり、不動産の広告を作ったり、タウン誌でカープ選手の記事を連載したり、広島県営SNS・日刊わしらのカープ担当として楽しく活動しているフリーランスです。
Follow @ippei49

6月26日(金)/広島 vs.中日

広|020 110 000|4
中|010 000 000|1
■試合時間:3時間2分
■ナゴヤドーム

責任投手・本塁打

勝: 大瀬良(2勝)
負: 大野 (2敗)

<本塁打>
広/ 鈴木誠 4号(2回表ソロ)、 メヒア 1号(2回表ソロ)、 鈴木誠 5号(4回表ソロ)

スターティングメンバー

1番:(左)ピレラ
2番:(二)菊池
3番:(中)西川
4番:(右)鈴木
5番:(三)メヒア
6番:(捕)會澤
7番:(一)堂林
8番:(捕)田中
9番:(投)大瀬良

☆バッテリー
大瀬良 ー 會澤

☆打撃成績・投手成績はこちら

試合経過(Twitterまとめ)

大瀬良&鈴木誠也の活躍で最高の一夜に

エースと4番の活躍で中日快勝。カープファンにはたまらない試合となりました。

大瀬良選手、開幕戦に続き、今日も素晴らしかったですね。2回に1点を失いますが、3回以降は危なげないピッチングで最後まで中日に流れを渡しませんでした。球数が100球を超えた8回裏に2死一、二塁、9回裏にも3連打で2死満塁のピンチを招きましたが、最後まで焦ることなく低めをつき、ストライクを先行させるピッチング。最後は平田選手をサードゴロに打ち取り、2試合連続で完投勝利を飾りました。

怪我を考慮して先発投手に完投を求めず継投でしのぐチームが多いなか、2試合続けて1人で投げ抜いた大瀬良選手はさすがの一言。きっと自粛期間中も気持ちを切らすことなくトレーニングしてこられたんでしょうね。これぞエースです。

その大瀬良選手を援護したのは4番の鈴木誠也選手。2回表に大野選手のツーシームを弾丸ライナーでレフトスタンド最前列に運ぶと、4回表にはバックスクリーン横に特大アーチ。この日は3安打2本塁打2打点と、こちらも素晴らしい活躍をみせてくれました。誠也さん、7試合で打率4割超・5本のホームランと無双状態(とにかく打球音がエグい!)。打席を見るかぎり、まだまだ数字が伸びてきそうなだけに明日以降も楽しみが広がります。

さぁこれでカープは貯金2。中日は4連敗となっただけに、明日もこの流れのまま一気にカード勝ち越しを決めたいですね。

☆日刊わしらでも連載中。コメント欄に集まったわしらユーザーさんの声もぜひご覧ください!

カープが大好きな中学生YouTuberの『3分解説』もどうぞ