【7月8日・今日の試合の見どころ】広島カープ vs. DeNAベイスターズ(マツダスタジアム)

こんにちは。真田一平です。
ブログを書いたり、不動産の広告を作ったり、タウン誌でカープ選手の記事を連載したり、広島県営SNS・日刊わしらのカープ担当として楽しく活動しているフリーランスです。
Follow @ippei49

【7月8日・広島カープ vs. DeNAベイスターズ】

7月に入って勝ち星がない4連敗中のカープ。2日続けて雨天中止となりましたが本日は晴天。これ以上借金を増やさないためにも負けられない一戦となります。

カープの先発はK.ジョンソン選手。ここまで2試合に先発するも、いずれも5回で降板し負け投手に。前回登板のヤクルト戦では、悪天候の影響からか持ち味のピッチングは影を潜め、7安打を打たれ4失点(自責点3)と安定感を欠く結果に終わりました。

そのヤクルト戦、初回、先頭の坂口選手に捕手へのアンラッキーな内野安打で出塁を許すと、サード・ピレラ選手の悪送球でピンチを広げ、4番・村上選手に2点タイムリー。逆転された4回裏は、先頭の村上選手に四球を与えると、続く5番・西浦選手に2ランホームランと、ストレスの溜まる形で出塁を許すと失投を招いているだけに、冷静なピッチングを続けることができるかがポイントとなりそうです。

昨シーズン、DeNA戦には4試合に登板し2勝2敗、防御率2.45。打率.500(10打数5安打)と相性の悪さが目立った筒香選手が抜けたことは、K.ジョンソン選手にとっては追い風となるはずです。

カープ打線は4番・鈴木誠也選手が好調。打率.400をキープし、5日の阪神戦では6戦ぶりの6号アーチを放ち本塁打ランキングトップに立つなど好調なだけに、4番の前に走者をためることができるかがポイント。また、鈴木選手同様に打率.395と当たっている堂林選手が出場機会が増やすためにサードの守備を練習中。今夜の試合ではスタメン起用が予想されているだけに楽しみです。

ABOUT

フリーランスブロガー真田 一平
フリーランス・真田一平の公式ブログです。
■ブログ「IPPEI CREATE」
■広島県営SNS「日刊わしら」のカープ担当・企画担当
■2010年からTJ Hiroshimaでカープ選手の記事を連載中
■広島アスリートマガジンWEBの編集
■SUUMO制作パートナー
■「わしらとうちらのカープ会」主宰(月に一度開催中)