広島県営SNS『日刊わしら』で、今シーズンのカープの試合をすべて速報!ユーザーさんからたくさんのうれしい言葉もいただきました!

今年から新たに始めたチャレンジですが、広島県営SNS『日刊わしら』で、カープの試合が終わるごとに試合速報を投稿してきました。


一番重要視したのは、質でも量でもなく「スピード」。試合後すぐに投稿することを目標に、ペナントレース143試合、CSファイナルステージ3試合、日本シリーズ6試合の試合結果を『日刊わしら』で発信。すぐに更新することで、カープの試合を見ていたユーザーさんも、試合を見終わって感じたことをコメントに残してくださり、そのコメントをきっかけに新たな展開が生まれることもありました。

そして毎日同じサイクルで続けることで、試合内容を速報記事にまとめるスピードが上がり、切り取るべきターニングポイントについても判断がしやすくなりました。また、ユーザーさんから、“日刊わしらのカープ情報なら真田”と、認知度を上げることもできたのではないかと思います。いまのところ続けることで変わったことは、そのあたりかなと。

毎日やってそれだけかよ〜とつっこまれるかもしれませんが、続けていなかったら絶対に得ていない感触なので、続けてきてよかったと思っています。

あ、もう一つ大事なことを。続けたことで、ユーザーさんから素敵なコメントをたくさんいただきました。あまりにもうれしかったので、一部を抜粋させていただきます。

「試合がある日は毎日が楽しみでした」
「毎回本当に速報なので、凄いなと思っていました」
「お陰で観戦の楽しさが倍増しました」
「わしらに登録してから、勝ち負けはチェックしますが、この試合ではこんなことがあった、こんな展開だった…というのを真田さんの速報で知りました」
「シーズン通して真田さんの速報や企画があったことで、例年以上に楽しいカープ生活を過ごすことができました」
「わしらでワイワイと野球で盛り上がれるのが楽しかったです」
「試合のまとめがとても的確かつカープ愛にあふれていて、これを見たら「ああ今日の試合も終わったなー」って感じになってました」
「試合を見られなかった日は真田さんの速報を見て、ニヤニヤしたり、悲しんだり…とても助かりました」

などなど、たくさんのコメントをいただき、なかには優勝した記念に書籍化してほしいという声もあり、この温かい言葉に包まれることができただけでも諦めなくてよかったなと思っています。こういったコメントを贈ってくださったり、「いいね」を押して応援してくださるユーザーさん、そして、試合速報を発信することを優先させてくれた妻と息子のおかげで無事走りきることができました。

来年のペナントレースは日刊わしらで続けるか、こちらのブログに場所を移すか、それとも試合速報自体はやらないかはまだ決めていませんが、続けることにこそ意味があるので、やると決めたらビシッと継続していきます。今年起こった化学変化を、どうこの先へつなげていくか、じっくり考えたいと思います。