広島カープが大好きで、8年にわたり、『月刊タウン情報ひろしま』で選手インタビューの連載をやっています

「何が好き?」と聞かれたら、迷うことなく「カープが好き!」と答える自信があるくらい、小さな頃からカープファンです。きっかけはおじいちゃん。晩ご飯の時、テレビについているのは、ほとんどと言っていいほど「カープ中継」。なんの変哲もない普通のきっかけですが、小学1年生の頃からカープ愛に目覚めまして、シーズン中は毎日カープ中継を見て、テレビ中継がない時は、RCCラジオを聞いておりました。

中学校でも、高校でも、大学でも、社会人でも、我が人生にカープはずっと寄り添ってくれていて、カープのことを考えなかった年はなかったといっても過言ではありません。

そんな僕に奇跡がやってきます。タウン誌のカープページのお仕事を紹介していただいたのです。その時はすでにフリーランス。迷いはまったくなかったのですが、自分でいいのかという不安は満載。そんな気持ちで連載をスタートしました。

毎月必ず1人はカープ選手を取材しています

それから早いもので8年が経ちました。ありがたいことにまだ連載は続いております。毎月必ず1選手は取材をさせてもらっており、開幕前には特集号もあるので、もうかれこれ100人近い選手を取材しているとうことになります。100人!!その数字に、自分で書きながら驚いてしまいました(笑)。

ちなみに連載を続けている雑誌というのがこちらです。

『月刊タウン情報ひろしま』(Tj Hroshima)
毎月25日に発売されている、広島を代表するタウン誌です。
最新号(3月25日号)では、開幕特集として、
広陵高校出身の野村祐輔選手・中田廉選手・中村奨成選手の3選手をクローズアップしております。

もう8年もやっているだけあって、このカープ連載に関しては、想い入れもたくさんありますので、またの機会にその想いをアップしたいと思います。