喫茶室ルノアール〜ゆったりと落ち着いた空間に驚き!+60円でボリューム満点のモーニングが楽しめるのも魅力![東京]

東京に行くたびに気になっていた「ルノアール」。東京各所を歩くたびにかなりの確率で目にしていた「ルノアール」の看板。コーヒー好きとしてはずっと入ってみたかったのですが、妻はコーヒーが飲めないし、息子が大好きなのは水…。僕しか楽しめないと思い、家族で東京に来た際、利用することはありませんでした。

ただ、昨日、東京・銀座にカメラマンさんと一緒に仕事で来たとき、少し時間があったため、近くにあった「ルノアール」を利用しました。ようやく入れた念願のルノアールは、東京の喫茶店とは思えないほど、ゆったり広々とした落ち着いた雰囲気の空間でした。勝手な印象ですが、東京の飲食店は狭いんですよね。場所的な問題、席数を確保しないといけないなど、いろんな事情があるのは十分わかっているのですが、広島で暮らしている者にとっては、狭くて落ち着けない、そんな印象でした。ただ、今回利用したルノアールだけかもしれませんが、とにかくゆったりしていてまったりと過ごせました。この空間の作り方にまず驚いちゃいました。

ちょうどモーニングサービスが利用できる時間だったので、モーニングメニューに目を通すと、こちらで二度目の驚き。飲み物代金に「+60円」で、トースト・ゆで卵・スープがついてくるなんて・・。東京の物価は高いイメージだったので、この料金設定はうれしかったですね。ブランドコーヒーと一緒に迷わずオーダーしました。

ルノアールブレンドのコーヒー。ルノアール独自のこだわりのネルドリップ抽出により、まろやかで深みのある味わいに仕上がっています。
+60円でついてくるモーニングサービス。トーストの大きさに驚きました。とにかくおっきい!ボリューム満点でした。

コーヒーが630円なので合計700円にはなりますが、コーヒーを飲み終えると、温かいお茶のサービスがあり、お水も少なくなるとテーブルまで注ぎに来てくれて「ごゆっくりお過ごしください」と言葉を添えていただけるので、居心地もよかったです。

ちなみに今回利用したのは、東京駅八重洲口を出てすぐの場所にある店舗。最初の印象が良かったので、次回は別の店舗にも行ってみたくなりました。喫茶室ルノアール、東京でゆったり落ち着いてコーヒータイムを過ごすならオススメのお店です。

ABOUT

フリーランスブロガー真田 一平
フリーランス・真田一平の公式ブログです。
■ブログ「IPPEI CREATE」
■広島県営SNS「日刊わしら」のカープ担当・企画担当
■2010年からTJ Hiroshimaでカープ選手の記事を連載中
■広島アスリートマガジンWEBの編集
■SUUMO制作パートナー
■「わしらとうちらのカープ会」主宰(月に一度開催中)