【公式戦】4月9日・広島 vs.ヤクルト 試合速報

4月9日(火)広島 vs. ヤクルト 1回戦
ヤ|321 030 010|10
広|000 010 000|1

◾️試合時間:3時間19分
◾️観衆:30887人(マツダスタジアム)

勝:原/ 1勝
負:ジョンソン/1敗

本塁打: ヤ/村上2号(3回裏ソロ)

☆ステーティングメンバー
1番:(遊)田中
2番:(二)菊池
3番:(中)野間
4番:(右)鈴木
5番:(一)松山
6番:(左)長野
7番:(三)安部
8番:(捕)石原
9番:(投)ジョンソン

☆バッテリー
ジョンソン、藤井皓、レグナルト、中田、菊池保 ー 會澤

☆打撃成績・投手成績はこちら

ジョンソンが3回6失点KO。投壊、守乱でいいところなく大敗

🔖先発のジョンソン選手の出来がすべて。初回、あっという間にチャンスをつくられバテンティン選手の犠牲フライで先制を許すと、その後も2連続タイムリーで一気に3点を奪われます。2回も2死から連続タイムリーで2失点。3回にはプロ2年目の村上選手にライトスタンドへホームラン。3回を投げて9安打6失点。試合をまったくつくれずマウンドをあとにしました。連敗中だっただけに、大事なカード頭を任されている投手として、闘志を感じさせてもらいたかったのですが・・球場の流れを変えることができないままKOとなりました。

🔖打線もつながりそうな気配がありません。その一つの要因が1番田中選手。今日の試合を迎えるまで19打席連続無安打でしたが、今日も凡打を重ねてしまい23打席連続無安打。フルイニング出場が続いているだけに代えることができないのでしょうが、明日から打順変更があるかもしれません。

🔖8回表はミスが連続。大きな点差、空席の目立つスタンドなどの影響で少し緊張感が落ちていたのかもしれませんが、これだけミスが出て、いい流れが来るはずもなく・・

6回からは少し雨も降り始め、球場に駆けつけられたカープファンのみなさんにとっては散々な試合となりました。長い長い低迷期を知っているからこそ感じる、あのぬる~いリズム。守れず打てず試合が進み、終盤になると空席が目立つあの試合展開が数年振りによみがえってきております・・。

日曜の試合に続き、ドラマを期待できない雰囲気に、さらに不安がつのった1日となりました。これで借金4。4月9日・・残念ながら“し”あわせはやって“き”ませんでしたが、明日の野村選手に期待しましょう!

☆日刊わしらでも同時連載中。わしらユーザーさんとのアフタートークもどうでしょう!