【公式戦】4月13日・広島 vs.DeNA 試合速報

4月13日(土)DeNA vs. カープ 2回戦
広|102 300 000|6
D|100 000 000|1
◾️試合時間:3時間
◾️観衆:31771人(横浜スタジアム)

勝:床田/2勝1敗
負:京山/2敗

本塁打:D/神里3号(1回裏ソロ)

☆ステーティングメンバー
1番:(遊)田中
2番:(二)菊池
3番:(中)野間
4番:(右)鈴木
5番:(左)松山
6番:(一)西川
7番:(捕)會澤
8番:(三)安部
9番:(投)床田

☆バッテリー
床田 – 會澤

☆打撃成績・投手成績はこちら

床田が127球でプロ初の完投勝利!6点を奪い快勝し連敗ストップ!

昨夜は1安打完封負け。5連敗で借金は7まで膨れ上がり、両リーグ最速で負け数が10に。

これ以上負けられないマウンドを託されたのは左腕・床田選手。そして打線は、1番田中選手、2番菊池選手のいくつもの勝利を演出してきた“タナキク”のカタチに。いつものカープの野球で連敗ストップを目指しました。

初回、カープらしい攻撃が炸裂。タナキク野間の3連打で一気に先制すると、なおもチャンスを拡大。惜しくも追加点とはなりませんでしたが、つなぐ意識を感じる攻撃でした。

2回も得点にはいたりませんでしたが、下位打線から得点圏にランナーを進める攻撃を披露。そんないい流れのまま迎えた3回、相手のミスをきっかけにチャンスをつくると、西川選手の犠牲フライで勝ち越し。ノーヒットで勝ち越しに成功するカープらしい攻撃でペースをつかんでいきます。

そして4回、初回に続き、タナキク野間で満塁のをつくると誠也さんが走者一掃のタイムリー。6対1とリードを広げます。

大量得点を受けた床田選手は、初回に先頭アーチを許すも、その後はスイスイとDeNA打線を翻弄。打たせてとるピッチングでカープのテンポのまま試合が続いていき、そのまま9回のマウンドへ。最終回、エラーでランナーを出すも3人で抑えてプロ初の完投勝利を達成。5連敗の流れを払拭する快勝で、声援を送り続けたファンに勝利を届けてくれました。

先週、床田選手で勝って以来、一週間ぶりの勝利。安堵したファンの方も多いのではないでしょうか。とにかく目の前の勝利に集中することで借金は減っていきます。まずは明日!連勝して次のカードへと向かってほしいですね。

☆日刊わしらでも同時連載中。わしらユーザーさんとのアフタートークもどうでしょう!