【公式戦】5月11日・広島 vs.DeNA 試合速報

5月11日(土)カープ vs.DeNA 8回戦
D|000 000 000|0
広|110 000 20/|4
◾️試合時間:2時間58分
◾️観衆:31341人(マツダスタジアム)

勝:ジョンソン/2勝3敗
負:上茶谷/3敗

☆ステーティングメンバー
1番:(中)西川
2番:(二)菊池
3番:(一)バティスタ
4番:(右)鈴木
5番:(左)松山
6番:(三)安部
7番:(遊)田中
8番:(捕)石原
9番:(投)ジョンソン

☆バッテリー
ジョンソン、一岡、フランスア、中崎 - 石原

☆打撃成績・投手成績はこちら

快勝で再び5割!ジョンソンが6回無失点で2勝目!スタメン復帰の松山が先制パンチ!

3カード連続の勝ち越しに向けて負けられない一戦。今日は西川選手を今季初めて1番に起用。そして松山選手が4月30日以来のスタメン。これまでと少しメンバーを変えて、DeNAのドラ1・上茶谷選手に挑みました。

《今日の試合のまとめ》
🔖初回、2死からバティスタ選手の四球、誠也さんの安打でチャンスをつくると、松山選手がライト前につまりながらもタイムリー。“バティ誠也”からの“アンパンチ”で今日はカープが先制しました。

🔖2回裏、昨日20打席ぶりに結果が出た田中選手の安打をきっかけに1死一、二塁にすると、今日1番に入った西川選手が初球を思い切りよくふりきり、レフト前にタイムリー。

🔖先発のジョンソン選手、初回以外、常にランナーを背負う投球になりましたが、石原選手とのコンビネーションもさえ、ストライク先行のピッチングで粘り強く投げきり6回を無失点。113球・6奪三振・5被安打・3四球の内容。前回登板に続き、2試合連続で先発としての役割をしっかりとまっとうしました。

🔖7回裏、今日スタメンを外れた野間選手がファウルで粘り、9球目をライトへ打ち返すと、俊足を飛ばして三塁へ。西川選手が四球がつなぐと、菊池選手がライトオーバーの二塁打、さらにバティさんの犠牲フライで2点を追加。打線がつながり、終盤に大きな追加点が入りました。

🔖7回からは勝利の方程式を投入。一岡選手10球、フランスア選手16球、中崎選手16球。各イニングともに20球未満の軽快なピッチングで試合をしめました。

ジョンソン選手の調子が戻りつつあるのは、チームにとってはうれしいニュース。ヒーローインタビューでは、明日が「母の日」ということで、全国のお母さんに感謝の言葉を届けるパフォーマンスも。気持ちに余裕が出てきた証拠かもしれません。左腕エースとして、次戦以降も存在感をみせてほしいところです。

投手陣がゼロに抑え打線が効果的に得点を重ねる、カープらしい野球で快勝。勝率を再び5割に戻しました。明日こそは貯金の壁を越えてほしいですね。

☆日刊わしらでも同時連載中。わしらユーザーさんとのアフタートークもどうでしょう!

カープのスコアラーを夢見る、カープ大好き小学生のプチ解説もどうぞ

ABOUT

フリーランスブロガー真田 一平
フリーランス・真田一平の公式ブログです。
■ブログ「IPPEI CREATE」
■広島県営SNS「日刊わしら」のカープ担当・企画担当
■2010年からTJ Hiroshimaでカープ選手の記事を連載中
■広島アスリートマガジンWEBの編集
■SUUMO制作パートナー
■「わしらとうちらのカープ会」主宰(月に一度開催中)