【湯来町日帰りツアー日記③】ミシュランに掲載されたお好み焼き屋『OKOじゃ』。名物のイノシシ焼きに悶絶!

家族で広島市佐伯区湯来町へ日帰りドライブ。砂谷牧場・久保アグリフォームで自家製ジェラートを食べて、キャッチボールで体を動かしたあとは、イノシシ焼きが有名がお好み焼き屋さんへ。イノシシ肉の大ファンになってしまったので早速紹介します。

過去の日記はコチラ

湯来町日帰りツアー日記①
湯来町日帰りツアー日記②

ミシュラン掲載!イノシシ肉の概念が変わる「湯来町イノシシビジエ」。低脂肪・低カロリー。脂っこくなく旨味が濃厚!

砂谷牧場・久保アグリフォームから沼田町方面に約10分車を走らせるとお好み焼き屋『OKOじゃ』に到着します。駐車場は5台分用意。ただ、交差点の曲がり角にお店があるので、車の往来が多いときは、少し駐車しにくいかもしれません。

◎お店の情報はコチラ⇨ お好み焼き屋『OKOじゃ』
住所:広島市佐伯区湯来町伏谷160-10

夕方は17時からオープン。17時半過ぎにうかがうと別のお客さんはおられず、鉄板のカウンター席に座ることができました。店内にはカウンター席のほか、テーブル席も複数。小さなお子さん用のイスも用意されています。

▲中央にはテレビがあり、カープ中継が放送されていました

メニューはお好み焼きがメインで、サイドメニュー(鉄板料理)もそれほど多くはありませんが用意されています。僕はお好み焼きを頼む時は「そば・肉・卵」が基本。そこに何のトッピングを加えるかを考えていると、「イノシシ入りお好み焼き」なるものを発見。湯来町のイノシシ肉を食べたいと思っていたので、どんなお好み焼きかを店主に聞くと、イノシシ肉に興味があるならお好み焼きよりも鉄板料理にしたほうが、量も食べれるし、素材の旨味も堪能できるとのことだったので、イノシシ肉は単品でオーダーすることに。ご夫婦でされていて、旦那さんが一品料理、奥さんがお好み焼きを担当されていました。

最初に出来上がったのは「ベーコン卵チーズ」。卵が大好きな息子がペロリとたいらげました。

次に出てきたのがお目当ての「イノシシ焼き」。素材が命のジビエ料理。湯来町のイノシシ肉は、低脂肪・低カロリーで、ビタミンが代謝を促し肥満対策にも効果があるそうです。

噛めば噛むほど旨味を感じて、カルビのように脂っこくないのでいくらでもいけます。どちらかというと豚肉に似た食感ですが、やわらかくてずっしりとした旨味も。臭みもまったくないのでめちゃくちゃ食べやすかったです。イノシシ肉ってこんなに美味しかったんだと新たな発見。記念に食べてみようかなという気持ちで来店しましたが、一気にファンになってしまいました。

セセリも追加でオーダーしました。

こちらがお好み焼き。僕はそば肉卵に大葉とネギをトッピング。妻と息子は肉卵うどんダブルを2人で。ネギの上に紅ショウガをのせるスタイル。

お好み焼きも美味しかったのですが、イノシシ肉の旨味が勝ってしまい、印象に残っているのもイノシシのことばかり。近所にあれば通いつめてしまうほど、食べ応えのあるお肉でした。
お会計はこれだけ食べて4000円を少し出るくらい。店主も優しく息子にお好み焼きのことやお肉のことを丁寧に説明してくださいました。湯来町に来たら、必ず再訪したいお好み焼き屋さんです。

お腹いっぱいになったあとは、締めくくりの場所・温泉へ。湯の山温泉というところに行ってきましたので、次回紹介します!