【祝】わが家の小学校編完結!卒業おめでとう!毎日変わらない日常を送らせてくれた息子に感謝!

こんにちは。真田一平です。
ブログを書いたり、広告を作ったり、タウン誌でカープ記事を連載したり、広島県営SNS・日刊わしらのカープ担当として楽しく活動しているフリーランスです。

今日は息子のお話を。

本日無事に小学校の卒業式を迎えることができました。

父親としても本当にあっという間の6年間でした。

親としてなにが1番助かったかって、どんな状況でも1度も休まずに学校に通ってくれたこと。

彼のがんばりのおかげで、自営業の僕たち夫婦は、6年間変わらない日常を送ることができました。本当に助けてもらいました。

久しぶりの学校ということで、本人は少し気だるそうにしていましたが、無事区切りをつけることができて、彼にとってもよかったのではないでしょうか。

卒業式ということで、息子との小学校生活で出会った曲を紹介させてください。

この曲と出会ったのは、昨年秋・6年生の運動会。

組体操のフィナーレにかかり、涙腺をやられた一曲です。

運動会でかかったのはクリス・ハートさんがカバーした曲でしたが、調べると藤田麻衣子が作った曲だったので、こちらのリンクをはっておきます。

落ち込んでも辛いことがあっても、子どものために必死にがんばっておられる、お父さんとお母さんに聴いてほしい一曲です。

ランドセルを背負っては最後となる「いってきます」と「おかえり」。その言葉をかけて、わが家の小学校編は完結。卒業おめでとう!中学校編もがんばりましょう!