【公式戦】4月12日・広島 vs.DeNA 試合速報

4月12日(金)DeNA vs. カープ 1回戦
広|000 000 000|0
D|001 102 200|6
◾️試合時間:2時間36分
◾️観衆:31382人(横浜スタジアム)

勝:今永/2勝1敗
負:大瀬良/1勝2敗

本塁打:D/伊藤光1号(6回裏2ラン)、ソト5号(7回裏2ラン)

☆ステーティングメンバー
1番:(中)野間
2番:(二)菊池
3番:(一)バティスタ
4番:(右)鈴木
5番:(左)松山
6番:(捕)會澤
7番:(三)小窪
8番:(遊)田中
9番:(投)大瀬良

☆バッテリー
大瀬良、中村恭 – 會澤、磯村

☆打撃成績・投手成績はこちら

大瀬良6回4失点。重い空気かえれず5連敗。打線は今永の前にゼロ行進

1番に野間選手、3番にバティさんを起用し、田中選手は8番に。流れを変えて、勝つためにスタメンを変更して試合に挑みました。

先制したのはDeNA。3回裏に1番・2番の連続2塁打で先手をとられ、4回裏にも2死からタイムリーを打たれ2点差に。

ただ大瀬良選手。今日も気迫が伝わるピッチングで流れを相手に渡しません。5回にも一、二塁のピンチを招きますが、ソト選手を内野ゴロに。ここぞという場面でみせる豪速球も冴え、カープに得点の入る気配がないなか、試合をしっかりとつくっていきます。

しかし100球を超えた6回裏、伊藤選手に痛い2ランを浴びてここで4点差に。この時点でカープはわずか1安打。エースの風格をみせる大瀬良選手を援護し、のせることができませんでした。

そして7回裏、ソト選手のホームランで勝負あり。無情にも赤いスタンドに飛び込む大きな一発となりました。

打線は今永選手を最後まで崩すことができず。結局1安打のみで完封負け。今日もカープらしい野球をみせることができませんでした。

なんだか・・野手全員が焦っているような気がします。もちろんテレビ越しですが、良い時も悪い時も何年も見てきたからこその印象。

俺が打って決める!もちろんなくてはならない気持ちですが、この気持ちだけでは勝てない時代が何十年もありました。

とにかく後ろにつなぐ!
3連覇を達成した去年までの気持ちが今こそ大切。エラーでも四球でもポテンヒットでもかまわない。泥くさくつないでいくことで流れは変わっていくような気もします。

まだ13試合が終わったばかり。まだまだこれからです!

☆日刊わしらでも同時連載中。わしらユーザーさんとのアフタートークもどうでしょう!