【公式戦】5月19日・広島 vs.阪神 試合速報

5月19日(日)カープ vs.阪神 9回戦
広|210 200 000|5
阪|000 000 001|1
◾️試合時間:3時間3分
◾️観衆:46719人(甲子園)

勝:アドゥワ/2勝1敗
負:秋山/2勝2敗

☆ステーティングメンバー
1番:(中)野間
2番:(二)菊池
3番:(一)バティスタ
4番:(右)鈴木
5番:(左)西川
6番:(捕)磯村
7番:(三)上本
8番:(遊)田中
9番:(投)アドゥワ

☆バッテリー
アドゥワ、フランスア、一岡 – 磯村

☆打撃成績・投手成績はこちら

序盤で5点を奪い7連勝!アドゥワが7回無失点で2勝目!菊池が4安打2打点の活躍!

《今日の試合のまとめ》
🔖初回、阪神先発の秋山選手を攻略。“キクバティ誠也”の3連打で2点を先制。リーグ随一の破壊力を誇る上位打線で、今日もつないで先手をとりました。

🔖カープ打線の“つながり”はその後も止まらず。今日は“タナキク”が連動。8番田中選手が、2回表と4回表の先頭打者で出塁すると、いずれも2番菊池選手のタイムリーで生還。ゴールデンコンビの快打で、両イニングともに2死から追加点を奪います。

🔖先発のアドゥワ選手。ボールを低めに集め、内野ゴロの山を築く、持ち味のピッチングを披露。3回裏に2本のヒットを打たれピンチを招きますがゴロアウト3つで無失点に。4回裏は先頭打者をエラーで出しますが、すぐさま併殺打。序盤に送りバントを2回連続で失敗しましたが、マウンドでは切り替えて、阪神に流れを渡しませんでした。結局スイスイと7回まで無失点。111球、4安打2四球。三振はゼロも内野ゴロを13個(併殺打1つ含む)奪う、ベンチの期待に応える投球でした。

🔖好調カープ打線を支えている上位打線。今日は菊池選手が4安打2打点。バティさんは2安打1打点、誠也さんは1安打2打点。今日の5得点はこの3人のバットから叩き出されました。5月になってようやく固定された上位打線、これからの化学変化にも期待したいところです。

投打がかみあい、あっという間の7連勝&5カード連続勝ち越し。まだまだカープの勢いは止まりそうにありません。このままいけば、首位奪取も時間の問題ですね。

☆日刊わしらでも同時連載中。わしらユーザーさんとのアフタートークもどうでしょう!

カープのスコアラーを夢見る、カープ大好き小学生のプチ解説もどうぞ